top3.jpg

(左)1994年12月4日サンプドリア戦のキングカズゴールシーン!
偉大なパイオニア!アジア人初のセリアAのゴールです!

(右)中田ヒデ!対ユベントス戦 2得点のセリエA衝撃デビュー!!

 

世界への扉を開けた貴重なゴールをもう一度!!

2011年12月22日

オーストリア・ブンデスリーガとは?

【リーグ概要】
オーストリアにおけるサッカー・ブンデスリーガは、オーストリアのプロサッカーのTOPリーグでです。
現在計10クラブが所属している。
リーグは1911年に創設、世界で最も古い歴史を持つサッカーリーグの一つで、1924年には1部に次ぎ2部も創立、1部と2部の全チームが完全なプロサッカークラブとして運営され、イングランド、スコットランドに次いで、ヨーロッパで3番目に、同時にイギリスを除くヨーロッパ大陸では最も歴史のあるプロフェッショナルサッカーリーグが誕生しました。

2007年初頭より、宮本恒靖選手三都主アレサンドロ選手レッドブル・ザルツブルクへ移籍し、日本人選手も同リーグに在籍、活躍するようになりました。
なお過去オーストリア・ブンデスリーガにはソーシャルアスリートと呼ばれている和久井秀俊選手も2部リーグならが2007-2008に所属していました。
(実は管理人アマチュアライターは和久井選手の大ファンで twitterはフォローしてますし、ツイートしてリツイートを頂いた事がありますサッカー和久井選手のページは別途特集ページを設定します!)

左<宮本恒靖選手:当時レッドブル・ザルツブルク>
右<三都主アレサンドロ選手:当時レッドブル・ザルツブルク>
   miyamoto111jpg.jpgzarutu.jpg
リーグは10チームによる4回総当り(計36試合)で行われ、基本的に7月中旬に開幕し翌年6月上旬に閉幕します。優勝チームは次年度のUEFAチャンピオンズリーグ第2予選への出場権を、2位及び3位でシーズンを終えたチームはUEFAヨーロッパリーグ予選、4位のチームはUEFAインタートトカップの2回戦への出場権利を得ます。最下位(10位)のクラブはレッドツァック・1部リーグ(オーストリア2部)に自動降格する(代わって2部の優勝クラブが昇格)。

2部リーグはレッドツァック・エアステリーガと呼ばれており、12チームで構成されています。
昇格するのは優勝した1チームのみであるのに対し、降格は3チームと厳しいリーグである。

3部リーグとなる「レギオナルリーガは、西部・中部・東部の3地区に分かれており、各リーグは16チームで構成されている。それぞれのリーグ優勝チームが2部に昇格し、下位2チームもしくは3チームが4部リーグに降格する。同リーグは正式にはセミプロのリーグとされているが、実際には殆どの選手がサッカー選手として収入を得ており、完全なプロチームもある。またセミプロのチームであっても実際にはプロ選手が所属していることも多い。

<音楽の都ウィーン:【オーストリア・ウィーン】市庁舎>
20071210172946.jpg

1997年よりリーグにメインスポンサーがつくようになり、リーグの公式名にもスポンサー名が表記されるようになる。2003年よりオーストリアの大手携帯会社、T-モバイル社(T-Mobile)がメインスポンサーとなったため、リーグの正式名は「T-モバイル・オーストリア・ブンデスリーガ」(T-Mobile Österreichische Fußball-Bundesliga)とされている。

ちなみに同リーグはドイツのブンデスリーガと比べてスポンサーが前面にでやすい環境にあり、リーグの名称も上記の通りでスポンサー企業の名が冠されている。このことは、各クラブのスポンサー獲得をいくらか容易にしている。小さな都市・村のクラブが、有力スポンサーの強力な援助を受けて躍進し、1部昇格を果たすこともめずらしくなく、オーストリアリーグを盛り上げる要因となっている。

しかし、その一方で急激な変化に対するファンの反発を招く場合もあり、例えばレッドブル社が買収したレッドブル・ザルツブルクはこれまでの弱小クラブから一躍首位を独走する強豪となったが、強引なスポンサーの意向により伝統あるユニフォームの変更を迫られるなどたびたびサポーターと衝突し、一部の地元サポーターからの失望を招いた。地域性の尊重とスポンサー企業の意向を調和させることが求められている。

<ウィキペディア引用>


 

人気ブログランキングへ応援お願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ応援お願いします!
にほんブログ村

ブログランキング応援お願いします!
posted by アマチュアライター at 22:59 | Comment(0) | 中央ヨーロッパのリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
海外プロサッカーリーグでご活躍されている日本人選手の
情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
管理人<アマチュアライター>まで、ご連絡下さい。
このサイトでご紹介させて頂きます。
Powered by NINJA TOOLS
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。