top3.jpg

(左)1994年12月4日サンプドリア戦のキングカズゴールシーン!
偉大なパイオニア!アジア人初のセリアAのゴールです!

(右)中田ヒデ!対ユベントス戦 2得点のセリエA衝撃デビュー!!

 

世界への扉を開けた貴重なゴールをもう一度!!

2011年12月22日

クロアチア・プルヴァHNLとは?

【リーグ概要】
プルヴァHNLは、クロアチア共和国のTOPリーグでです。
略称は1.HNL。現在はT-Comクロアチアがスポンサーにつき、T-Com 1.HNLが正式名称になっています。
クロアチアがユーゴスラビアから独立した1991年に創設され、1992年に開幕しました。
クロアチアには1940年から1944年まで、ナチス・ドイツ傀儡国家のクロアチア自治州、クロアチア独立国による国内リーグが存在したようです。

2011年現在プルヴァHNLには日本代表の伊野波雅彦選手ハイデュク・スプリトに所属しています。


Prva-HNL公式サイトはこちら

<伊野波雅彦選手:ハイデュク・スプリト>
123inohara.jpg

人気ブログランキングへ←応援クリックお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ←応援クリックお願いします!
にほんブログ村

ブログランキング←応援クリックお願いします!

【リーグ構成】
毎年7月後半から8月前半ごろに開幕し、12月から2月まで2ヶ月間の中断を挟んで、5月に日程を終えます。
頻繁にリーグシステムを変更がされており、2009-2010シーズンは2回戦総当り方式で、年間30試合が行われました。
かつては、シーズン後半の3月に2つのリーグに分けられて、上位チームは「決勝リーグ」に、下位チームは「降格リーグ」に参加したが、200-2007シーズンから3回総当たり制に移行しました。
まずホーム・アンド・アウェーで22試合を行ったあとに、残り11試合のホストチームを抽選で決定する。

代表的なチームはディナモ・ザグレブであり、ユーゴスラビア時代からクロアチアを代表する強豪クラブです。1966-67シーズンにはクロアチアのクラブとして唯一のヨーロッパタイトルとなるフェアーズ・カップ(現・UEFAカップ)を獲得している。1992年にユーゴスラビアからクロアチアが分離し独立してからはクロアチアリーグの最強豪チームとなり、2006年以降リーグ連覇中である。
日本人の獲得に非常に熱心なクラブで、過去には佐藤寿人選手(現:サンフレッチェ広島)や家長昭博(現:RCDマヨルカ)に接触しており、キングカズこと三浦知良選手が所属していました。
またかつては財前宣之選手がNKリエカに所属していました。

2.HNLとの昇降格

最下位チームは、2部リーグのドルガHNL(2.HNL)の1位と入れ替わる。最下位からひとつ上のチームは、ドルガHNLの2位と2試合の入れ替え戦を行う。

ヨーロッパカップ出場権

1位がUEFAチャンピオンズリーグ予選、2位がUEFAカップ予選2回戦、3位がUEFAカップ予選1回戦の出場権を得る。

<キングカズ:当時ディナモ・ザグレブ>

を掲載しようと思いましたが・・・・(汗) 

どこにも見当たりませんでした・・・・(涙)

ご提供いただける方がいらっしゃいましたら、コメント下さい。m(__)m


<ウィキペディア引用>



 

人気ブログランキングへ応援お願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ応援お願いします!
にほんブログ村

ブログランキング応援お願いします!
posted by アマチュアライター at 17:04 | Comment(0) | 東ヨーロッパのリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
海外プロサッカーリーグでご活躍されている日本人選手の
情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
管理人<アマチュアライター>まで、ご連絡下さい。
このサイトでご紹介させて頂きます。
Powered by NINJA TOOLS
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。