top3.jpg

(左)1994年12月4日サンプドリア戦のキングカズゴールシーン!
偉大なパイオニア!アジア人初のセリアAのゴールです!

(右)中田ヒデ!対ユベントス戦 2得点のセリエA衝撃デビュー!!

 

世界への扉を開けた貴重なゴールをもう一度!!

2011年12月19日

エールディビジとは?

【リーグ概要】
エールディヴィジ(Eredivisie) は、オランダプロサッカーリーグの最上位リーグです。
昔から日本人選手は海外移籍にオランダを選択する人も多いです。
今はサッカー解説者の小倉隆史(元日本代表)さんも2部リーグですが、エクセルシオールというチームで得点王になったんですよ(驚)
当時はチーム得点王となる活躍をして、オランダ1部リーグのトップチームからのオファーが来ていたようです。しかし、本所属の名古屋グランパスからの帰国要請と、当時はアトランタ五輪出場を目標とする、U-22日本代表監督西野朗からの代表招集もあり、日本に復帰したようです。
その後小野伸二選手がフェイエノールトで大活躍をした事はご記憶に新しいですよね?

さてリーグは、18クラブによる2回総当りで基本的に8月終わりに開幕して翌年5月に閉幕します。優勝クラブは次年度のUEFAチャンピオンズリーグへの出場権を得て、最下位(18位)のクラブはエールステ・ディヴィジ(2部リーグ)に自動降格(代わってエールステ・ディヴィジの優勝クラブが昇格)し、その次に成績の悪かった2クラブ(16,17位)とエールステ・ディヴィジの8クラブが入れ替え戦を争います。
2010年は吉田麻也選手、カレン・ロバート選手が所属するVVVフェンロが降格戦を戦い、なんとか残留を果たしました。

2011年現在エールディビジに所属している日本人選手はVVVフェンロのカレン・ロバート選手、吉田麻也選手、フィテッセの安田理大選手とFCユトレヒトの高木善朗選手の4名です。
(ちなみに高木選手のお父さんは元大洋ホエールズの高木豊選手です。。スーパーカートリオでしたっけ??)

<カレン・ロバート選手と吉田麻也選手>
yoshida.karen.jpg

<安田理大選手>
yasuda.jpg

<高木善朗選手>
takagi1.jpg

【リーグ歴史】

リーグの歴史は1897年まで遡るが、プロ化されたのは1956-1957シーズンからである。レギュレーションは、1956年から18チームとほぼ変動していない。

1897年、オランダ主要都市で発足したチーム同士が競い合ったのをきっかけに、サッカーの普及とともに全国リーグの開催へと発展していった。
しかし、第2次世界大戦前には多くの西欧各国のサッカーリーグがプロ化された中、オランダのリーグは1950年代までセミプロやアマチュアの体制をとるクラブがほとんどであった。

その後、オランダでもプロ化の機運が高まりはじめ、1954年にリーグがプロ化し、1956年にエールディヴィジが発足した。
ちなみにプロ化以前の第2次世界大戦中、オランダはナチス・ドイツの占領下に置かれたが、オランダリーグ自体はアマチュアであったためか、リーグは例年通りに開催された
(事情は違うが、スコティッシュ・プレミアリーグも第2次世界大戦中に通常開催している)。

プロ化した1956-57シーズンから2007-08シーズンまでの52回のリーグ戦で、アヤックス、PSVアイントホーフェン、フェイエノールトの3チームが48回の優勝を記録する完全な3強寡占のリーグ構造であった。
それ以外のチームではDOS(1957-1958)、スパルタ・ロッテルダム(1958-1959)、DWS(1963-1964)、AZ(1980-1981)の計4回にとどまり、1981-82シーズンからの27シーズンは3強による優勝の独占が続いた。しかし、近年はフェイエノールトの弱体化などもありAZやFCトゥヴェンテなどのチームが徐々に力をつけて上位陣に割り込み、2008-2009シーズンにはAZが28年ぶり2度目の優勝、2009-2010シーズンにはFCトゥヴェンテがチーム創設以来初のリーグ優勝を果たしている。

アヤックスとフェイエノールトの対戦は「デ・クラシーカー(De Klassieker)」と呼ばれており、ダービーやクラシコなどと同じ意味あいで使われる。

【日本人選手の活躍】
冒頭に触れましたが、2001年の小野伸二のフェイエノールトへの加入で、日本でも注目を集めるようになったリーグです。
また、2003-2004シーズンには藤田俊哉がFCユトレヒトに所属、2005年には平山相太がフェイエノールトの練習生として参加し、その後ヘラクレス・アルメロに加入しました。(ホームシック帰国しましたが・・)

2007-2008シーズンの途中から本田圭佑がVVVフェンローに加入、クラブは2部降格したが1年で復帰し、2009-2010シーズン途中まで同クラブに所属しました。
昨年2010-2011シーズン途中から終了まで宮市亮がアーセナルFCからのローン移籍という形でフェイエノールトに所属していました。

<本田圭佑選手:当時VVVフェンロ>
hondavvv111.jpg

<小野伸二選手:当時フェイエノールト>
ono22.jpg

<平山相太選手:当時ヘラクレス>
hirayama.jpg

<宮市亮選手:当時と言うほど古くない・・フェイエノールト>
rio1.jpg


 

人気ブログランキングへ応援お願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ応援お願いします!
にほんブログ村

ブログランキング応援お願いします!
posted by アマチュアライター at 01:16 | Comment(0) | エールディビジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
海外プロサッカーリーグでご活躍されている日本人選手の
情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
管理人<アマチュアライター>まで、ご連絡下さい。
このサイトでご紹介させて頂きます。
Powered by NINJA TOOLS
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。